保健室より

インフルエンザに関する対応について

 

インフルエンザは、学校保健安全法第19条により出席停止になります。

出席停止期間は、発症後5日を経過し、かつ、熱が下がって2日(幼児は3日)を経過するまでです。(平成24年4月に変更されました。)

医師の指示に従い、十分に休養を取ってください。

 

医師に、インフルエンザと診断されましたら、『意見書』を主治医に記入していただいて、登校する時に担任に提出してください。

『意見書』は、学校にあります。また、下記をクリックしていただいてもダウンロードできます。(岸和田市ホームページよりダウンロードしていただくこともできます)

 

インフルエンザは予防が大切

 

◇手洗い、うがいをしましょう。(外から帰ったあと、食事の前など)

◇バランスのとれた食事、十分な休養と睡眠をとるなど、規則正しい生活を心がけ、抵抗力を落とさないようにしましょう。

◇「咳エチケット」をこころがけましょう。咳、くしゃみが出たら、他の人にうつさないようマスクを着用しましょう。

◇人混みへの外出は控えましょう。

 

意見書ダウンロードの場合はここをクリックしてください。